目を閉じても聖書が聴けるオーディオブックを活用しよう!

みなさんはいつもどのように聖書を扱っていますか?

日曜日の教会でじっくりとお話を聞いたり…

あるいは、午後のゆったりとした時間にページをめくってみたり…

これまでは、この様なスタイルがほとんどでした。

しかし、今の時代は誰もがそうのんびりしていられるわけではありません。

毎日の忙しい仕事に追われたり、育児が忙しかったり、ゆっくり聖書を読む時間も取れない人がほとんどなのではないでしょうか?

そこで最近、多くの人に人気なのが、「聴く聖書」です。
「聴く聖書」とは、オーディオブック版の聖書です。

この記事では、そんな聴く聖書についてまとめてみました。

この記事の著者
シマラヤジャパン株式会社

himalaya Japan

シマラヤジャパン編集部


「himalaya」は、中国で6億以上のダウンロード数、月間1億2,000万以上のアクティブユーザー数を誇る巨大音声プラットフォーム『喜馬拉雅(シマラヤ)FM』の日本版サービスです。このWebサイトは、「himalaya」運営事務局が、音声コンテンツ文化の醸成を目的として運営しています。
運営者情報

聴く聖書のまとめ

神聖な聖書を勝手に音声版にしていいの…?という疑問もあるでしょう。

しかし、そんなあなたにはこの言葉をお贈りします。

楽しい心は良い薬である。押し潰された魂は骨を枯らしてしまう。

旧約聖書の箴言、17章22節の言葉です。

聖書が望むもの、それは人々の幸せです。
どんなに忙しくても、心が疲れ果てても教会に通い聖書を読む、というのは、聖書が本来望むものではありません。

それよりも、日常の無理のない範囲で聖書に触れ、自分の心をキレイに保つことにこそ、聖書の存在意義が光ります。

オーディオブック版の聖書は、日々忙しい私たちに寄り添ってくれる現代の聖書です。

また聖書では、歴史だけでなく、登場人物の言動から現代の社会問題や成功哲学を学べます。また、西洋の芸術作品は聖書を元にしたものが多いため、アートや文学作品の理解につながります。英語では「Bible(バイブル)」と言われるくらい、多くの思想や作品の下地となっているのが聖書なのです。

私がおすすめするのは、実生活にもすぐに活かせる「聖書が教える人間関係50の知恵」です。

 

旧約聖書

旧約聖書は、イエス・キリストが生誕する前の神とイスラエル民を描いた作品となっています。また、こちらはユダヤ教の経典となっています。旧約聖書に親しむことによって、今日まで続くイスラエル・パレスチナ問題や、アラブ問題、世界各国の宗教をめぐった紛争問題の根元にさかのぼることができるでしょう。

 

新約聖書1

新約聖書は、イエス・キリストの生誕以降について記された書物であり、キリスト教の経典でもあります。なお、キリスト教では旧約聖書と新約聖書の両方を聖書と呼んでいて、今日まで世界中の多くの人に読み継がれているのが新約聖書です。今日に至るまでの思想やアート、文学、映画など、多くの事柄が新約聖書をベースに作られています。あらゆる文化の根幹を知りたい方におすすめしたい作品です。

 

聖書が教える人間関係50の知恵

聖書では多くの人物が登場します。世界中でこれまで一番読まれてきている書物だからこそ、それぞれの人物描写に心揺さぶられるのでしょう。人の一番の悩みは人間関係にあるといわれています。聖書の人々の織りなすドラマから人間関係をうまく築くためのヒントを得られる、そんな1冊となっています。

 

サレプタ聖書メッセージシリーズ

「サレプタ聖書メッセージシリーズ」は、聖書の福音から学べるメッセージを紹介するポッドキャスト番組です。1エピソードあたり30分程度なので、通勤・通学にぴったりでしょう。聖書の内容を聴きながら穏やかな気持ちになりつつ、一日のはじまりを迎えるのも良いかもしれませんね。

 

リジョイス聖書日課

「リジョイス聖書日課」とは、「日本キリスト改革派教会 教育機関誌委員会」が毎月発行している機関誌です。オーディオブック版では、毎日聖書のみことばを紹介し、その言葉がどのような意味かどうかを詳しく説いています。1エピソードあたり4分程度なので、普段なかなか時間がとれない方におすすめしたいです。

 

篠田真宏のBible Message!

「篠田真宏のBible Message!」は、聖書に感銘を受けて活動する篠田真宏さんがhimalayaにて配信されていたポッドキャスト番組です。聖書の世界観から日常の人間関係で活かせる考え方を発信しています。聖書の内容がどれだけ深く思慮に富んだものか、篠田さんの解説によって理解できる番組です。

 

新約聖書ものがたり

「新約聖書ものがたり」は、末日聖徒イエス・キリスト教会が配信する聖書の紹介ポッドキャスト番組です。この番組では子供向けにわかりやすく聖書を解説しています。子供だけでなく、初歩から聖書を学びたい方にぴったりの番組でしょう。

オーディオブックで聖書を聴く意味とは

先ほども書きましたが、やっぱり神聖な聖書を音声版で聞くのには抵抗がある…という方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、本の聖書を読むことはとても素晴らしいことです。イエス・キリストの教えは現代の生活にもとても役立つため、ひと言ひと言を胸に刻みましょう。

ただ、そんな聖書も、心に余裕を持って接しなければ、本来の良さは引き出せません。

オーディオブック版の聖書は、忙しい毎日を送る人でも聖書に触れることができる、キリストの教えである「来るもの拒まず、去るもの追わず」という考え方に非常にマッチしたものなのです。

それでは、そんなオーディオブック版の聖書のメリットを3つ紹介します。

 

日常のより多くの時間触れられる

聖書を聴く意味として「日常のより多くの時間触れられる」があります。古今東西、とりわけ西洋の思想やアートを理解するうえで聖書は必要となっていて、日常的に聖書に触れることによってそれらの根幹がわかります。また、思想やアートだけでなく世界の社会問題も煎じ詰めれば聖書の内容に行き着くでしょう。聖書に触れることによって教養が広がるのです。

 

目を閉じて聖書が聴ける

目を閉じても聴けることが聖書を聴くことの第2のメリットといえます。2000年近くの期間、多くの人を魅了し、なおかつ世界中で一番多くの人に読まれているのが聖書です。それだからこそ、文章も非常にきれいでオーディオブックとして聴くとより一層響きの美しさに惹かれるでしょう。目を閉じながら、聖書の美しい響きを堪能してみませんか?

 

誰でも楽しめる作りになっている

聖書をオーディオブックで聴くことの意味として、3点目は「誰でも楽しめる作りになっている」ということが挙げられます。人種や国籍、年齢を問わず、多くの人に親しまれ、あらゆる思想や作品の下地となっている作品だからこそ、聖書を聴くことによってこれまでの経験や心惹かれた作品の内容がリンクすることでしょう。知的好奇心をそそるだけでなく、登場人物たちの成功体験や失敗体験といったヒューマンドラマが自身を鼓舞してくれるはずです。

オーディオブック版「聖書」のまとめ

聖書を読むと、なぜこの作品が多くの人に読まれているかがわかります。今日まで繋がる歴史や思想、アート、文学、社会問題まですべての下地となっているのは聖書にあるとわかってきます。

イエス・キリストがこの世に残した数々の言葉を、ぜひあなたの耳で感じてみてください。