オーディオブックとは?話題の音声書籍の魅力を発掘してみた

オーディオブックとは?

オーディオブックとは、音声書籍のことです。一般の書籍を声優さんが朗読したもので、パソコンやスマホを使って、ながら作業で本を聞き流しできるという今人気のサービスです。

▼オーディオブックを聴いてみよう!▼

みなさんは最近、思う存分、本を読んでいますか?

なにかとやらなきゃいけないことが多い私たちは、思うように読書の時間が取れないことがよくありますよね。

オーディオブックはそんな忙しい私たちにぴったりの本なんです。
ちょっとした時間に、ポケットからスマホを出して音声を再生すれば、このようにいつでもどこでも本が読めちゃうんです。

みなさんもぜひ、オーディオブックをうまく使って、今の生活にひとつスパイスを加えてみましょう。

この記事の著者
シマラヤジャパン株式会社

himalaya Japan

シマラヤジャパン編集部

プロフィール

「himalaya」は、中国で6億以上のダウンロード数、月間1億2,000万以上のアクティブユーザー数を誇る巨大音声プラットフォーム『喜馬拉雅(シマラヤ)FM』の日本版サービスを実際に運営しているスタッフたちが、オーディオブックの普及として運営しています。
運営者情報

オーディオブックとは?

さいきん話題の「オーディオブック」、みなさんも聞いたことがありますか?

まずは、オーディオブックに関する基礎知識をチェックしていきましょう。

オーディオブックとは音声書籍

オーディオブックとは、本の朗読を録音したもののことです。

パソコンやスマホから音声を再生するだけで使えるので、ながら作業、ラジオ代わりにぴったりだと言われています。

「吾輩は猫である」のような不朽の名作から、メンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」まで、たくさんの本が音声化されています。

オーディオブックの人気ラインナップ

オーディオブックを使う方法はとてもかんたんなので、みなさんもぜひオーディオブックで読書してみてくださいね。

▼お金持ちの習慣が身につく「超」心理術▼

オーディオブックが話題の理由

オーディオブックはただ本を音声にしただけなので、内容はすでに出版されている本と同じです。

ではなぜ、今オーディオブックが注目されているのでしょうか?

オーディオブックが注目されている理由は、ながら作業にぴったりだからです。

オーディオブックの利用者数が伸びている要因の一つには、スマホの普及でオーディオブックを気軽に持ち出せるようになったことがあるようだ。(中略)上田氏は「他のことをしながらでも聴けるのは大きい」と話す。
参照:日系トレンドネット

スマホから気軽に本が聴けることにより、満員電車の中でも、道を歩いているときでも、いつでもどこでも本が読めるんです。

いつもならぼーっとしてしまう時間を学びの時間に変えることができるので、現代の読書好きの間では、オーディオブックはかなり重宝されています。

オーディオブックを聞き流ししてどれくらい効果があるのかは議論されるところですが、下記の項目でくわしく紹介しています。
疑問に思った方はぜひ「オーディオブックって効果あるの?」の項目も読んでみてくださいね。

↑見出しに戻る

オーディオブックが聴ける場所

オーディオブックは、アプリをダウンロードしたり、スマホの機能を応用することで使うことができます。

おすすめは音声アプリ

一番おすすめなのが、オーディオブックが聴ける音声アプリを使うことです

これらのアプリでは、よくあるミュージックアプリと同じように、作品を選んで再生ボタンをタップすればすぐに聴くことができます。

オーディオブックアプリの使い方

もちろんバックグラウンド再生もできるし、ダウンロードしちゃえばオフラインでも再生できます。

BGMとして音楽を聞く人は多いですが、もっと共用を深めたいと思う人なら、BGMとしてオーディオブックを使えば、スキマ時間にどんどん知識が増えていきますよ。

▼ためしてみよう!▼

さらにこれらのアプリのオーディオブックは、プロの声優が起用されるなど、かなり質の高い読み上げをしてくれています。
感情の起伏はもちろん、ちょっとした間合いにも臨場感りんじょうかんを感じさせる工夫があります。

オーディオブックが聴ける音声アプリは基本的に無料で使えるので、ぜひみなさんもダウンロードしてみてくださいね。

  • 30日間無料キャペーン中
  • 別途料金は発生しません


無料
オーディオブックを探す

リンク先:https://www.kikihodai.com/

10,000以上のオーディオブックが聴き放題

kindleの読み上げ機能

実は、すでに持っている本をオーディオブックに変えちゃう方法もあるんです。

それが、kindleの読み上げ機能を使うこと。

kindleとは、Amazonが提供している電子書籍のアプリです。スマホで本や漫画が読めちゃうので、使っている人もかなり多いですよね。

そんなkindleですが、実は読み上げ機能が備わっています。

スマホの設定から読み上げ機能をONにすると、、、
スマホの読み上げ機能

kindleで本を読むとき、機械がテキストを音声に変換して自動で読み上げてくれます。

kindleの読み上げ機能

その代わり、スマホの自動読み上げなので、音声はかなり機械的です。

特に小説を読むときなどは、感情がなさすぎてちょっと萎えてしまうことも…
どうしても読みたい本があるけど、テキストを読んでいるヒマがない場合にはおすすめです。

この詳しいやり方は、「kindleを使ってオーディオブックを読み上げする方法」の記事を参考にしてくださいね。
↑見出しに戻る

オーディオブックって効果あるの?

ここまでオーディオブックの便利さを紹介してきましたが、オーディオブックってみなさん聞き慣れないと思います。

本を聞き流すだけで本当に効果あるの?

聞き流しだったらすぐに忘れちゃうんじゃないの?

ということでこの項目では、オーディオブックがもつメリットとデメリットについて紹介します。

オーディオブックのメリット

オーディオブックには次の3つのメリットがあります。

  • フレーズとして覚えることができる
  • 教養が増える
  • 生活の密度が上がる

オーディオブックが特に人気なのは、英語学習や子供への読み聞かせです。

英語学習に関しては言うまでもありません。
また、メンタリストDaigoさんへのインタビューで、オーディオブックを倍速で聴いて頭の回転を速くするという効果にも期待できるとわかりました。

オーディオブックは洋書もたくさんあるので、洋書のオーディオブックを再生すれば、たちまちそれはリスニング教材経生まれ変わります。

そして、声優さんが読み上げてくれるオーディオブックでは、紙の本とはちがったテイストを楽しめます。

みなさんは、声だけで聴くからこそ頭に残っている、という言葉はありませんか?

文字だけでは感じられなかった言葉のぬくもりも感じられるところも、オーディオブックが人気を集める理由なのかもしれませんね。

オーディオブックのデメリット

一方で、オーディオブックにはデメリットもあります。

オーディオブックのデメリットとして一般に挙げられるのは、次の2つです。

  • 読書だけには集中しづらい
  • 目次から内容を探せない

オーディオブックは手を使わず、ながら作業で聞き流せるところが良いところだと紹介しました。

しかしそれは、内容に集中しづらいというデメリットにもなりえます。

正直な話、オーディオブックを1周聞いただけでは内容の全ては理解できません。
さらにじっくり読みたいところもテンポよく進んでしまうので、自分のペースで読めないというデメリットもあります。

だからオーディオブックで勉強したい人は何度も同じ本を聴くことが多いです。

実は何度も同じ本を読むというのは、紙の本でもおすすめされる方法です。
1度目にしたフレーズでも、自分の気分が変わったり、状況が変わったりしたときに触れると全く違った印象を受けるからです。

とはいえ、やっぱりじっくり本を楽しみたいときには紙の本がベストです。

オーディオブックは、忙しい毎日を生きる人が、もっと本をお手軽に楽しめる道具だと、私は思います。

オーディオブックの効果についてもっと詳しい内容は「オーディオブックって意味ある?英語学習や子育てに効果バツグンの理由」の記事を読んでくださいね。

↑見出しに戻る

オーディオブックのおすすめの活用法

オーディオブックには先ほど紹介したメリット・デメリットがあります。

では、そのようなオーディオブックは私たちの日常生活でどのように使うのがいいのでしょうか?

私がおすすめするオーディオブックの使い方は、次の4つです。

  • 通勤時間や家事中の時間を有効活用
  • 仕事中のBGMとして
  • カフェやオフィスのBGM代わりに
  • 子供への読み聞かせに

オーディオブックと一言に言っても、なかには色んな本があります。

ビジネス書もあれば恋愛の本もあり、子供向けの童話シリーズもたくさんあります。
オーディオブックを活用すれば、今まで以上に本をいろんなシーンで応用できるようになります。

オーディオブックがあるからと言って、紙の本が必要ないわけではありません。

紙の本には紙の本の良さがあるし、オーディオブックにはオーディオブックの良さがあります。

だから片方だけに固執するんじゃなくて、時と場合に応じて使い分けができるとベストですね。

私個人的には、私たち現代人は忙しい時間が多い割に思考を要する時間は一部であることが多いので、オーディオブックの需要は高いなと感じます。
たとえば道を歩くときや家事をするときなどに、私はいつもオーディオブックを使っています。

↑見出しに戻る

オーディオブックが聴けるアプリの比較

それでは、いよいよオーディオブックが聴けるアプリをみていきましょう。

まず最初に、こちらの表をご覧ください。

アプリ名対応os収録冊数無料体験聴き放題料金おすすめジャンル使いやすさ
himalayaiOS/Android10,000冊以上無料試聴
30日間無料体験
750円/月ビジネス
audiobook.jpiOS/Android10,000冊以上30日感無料体験750円/月ラノベ
audibleiOS/Android40万冊以上30日間無料体験1,500円/月
(1冊のみ)
全般
GoogleBooksiOS/Android100万冊以上無料本あり単品販売全般
KikuboniOS/Android約400冊あり単品販売ミステリー
HQiOS約30万冊無料本多数単品販売洋書

オーディオブックが聴けるアプリは、現在たくさんあります。

オーディオブックも本なので、オーディオブックを聴くにはお金がかかります。
普通の本と同じくらいのお金がかかるので、一般的には、オーディオブックの聴き放題プランに入ってオーディオブックを聴きます。

オーディオブックの聴き放題プランに関しては「オーディオブックの聴き放題はおすすめできる?評判の良い選び方を解説」の記事を参考にしてくださいね。

オーディオブックがアプリで聴ける仕組み

オーディオブックがアプリで聴けるのは、一般の書籍と同じようなしくみが取られています。

  1. 出版社がオーディオブックを制作
  2. アプリが権利をもらって配信する
  3. 得られた利益をアプリ会社と出版社で分け合う

つまり、同じタイトルのオーディオブックが違うアプリでも配信されているとき、実は中身は全く同じオーディオブックなんです。
出版社はいろんなアプリでオーディオブックを配信契約しているので、違う会社にも同じ本が並ぶことがよくあります。

だから私たちがどのアプリでオーディオブックを聴くか選ぶ場合、そのアプリの使いやすさだったり、料金プランの充実度を参考にしましょう。

おすすめなのはhimalayaで、オーディオブックが1万冊あるだけでなく、イケハヤさんやはぁちゅうさんのようなインフルエンサーがおしゃべりするラジオ番組も50,000種類以上ある超巨大プラットフォームです。

  • 30日間無料キャペーン中
  • 別途料金は発生しません


無料
オーディオブックを探す

リンク先:https://www.kikihodai.com/

10,000以上のオーディオブックが聴き放題

↑見出しに戻る

オーディオブックとは?音声書籍の基礎知識まとめ

この記事では、「オーディオブックとは?音声書籍の基礎知識まとめ」について書きました。

なにかと忙しい私たちの生活をもっと豊かにしてくれるオーディオブック、みなさんもぜひ使ってみてくださいね。

オーディオブックは、無料で30日間試すことができます!
無料中は一切お金がかからないので、ぜひこのチャンスを使ってオーディオブックの楽しさを体験してみてくださいね。

  • 30日間無料キャペーン中
  • 別途料金は発生しません


無料
オーディオブックを探す

リンク先:https://www.kikihodai.com/

10,000以上のオーディオブックが聴き放題

↑見出しに戻る