オーディオブックは高いって本当?コスパ良く聴く方法を紹介

オーディオブックを友人におすすめしてよく言われるのが、「オーディオブックって高いよね?」という言葉です。

確かに、オーディオブックって、電子書籍と比べても明らかに値段が高いのは事実です。

では、どうしてオーディオブックは値段が高くなってしまうのでしょうか?

また、そんなに値段が高いオーディオブックを、著名人がおすすめしている本当の理由とはどんなものなのでしょうか?

この記事の著者
シマラヤジャパン株式会社

himalaya Japan

シマラヤジャパン編集部


「himalaya」は、中国で6億以上のダウンロード数、月間1億2,000万以上のアクティブユーザー数を誇る巨大音声プラットフォーム『喜馬拉雅(シマラヤ)FM』の日本版サービスです。このWebサイトは、「himalaya」運営事務局が、音声コンテンツ文化の醸成を目的として運営しています。
運営者情報

オーディオブックが高い理由

オーディオブックを単品購入すると、本屋で購入するよりもどうしても割高となってしまいます。たとえばビジネス書であれば本屋では1冊あたり1500円程度ですが、オーディオブックになると2000円以上になります。では、なぜオーディオブックは本屋よりも割高となってしまうのでしょうか?その理由には、「声優さんへのギャラが発生するから」、「オーディオブックは紙の書籍と同じ扱いだから」が挙げられます。

 

声優さんのギャラが発生する

オーディオブックは本に書かれた文章を、声優、もしくはナレーターといった声のプロが朗読するものです。そのため、作品を朗読する声優やナレーターにギャラが発生します。書籍代に加えてその分の再制作費用がかかるため、紙の書籍よりも安く発売することは厳しくなってしまうのです。

 

オーディオブックは紙の書籍と同じ扱い

オーディオブックの値段が割高な理由として、オーディオブックも紙の書籍と同じ扱いであることが挙げられます。本は紙で読むものというイメージがいまだに強いです。そのため、音声で聴く本(オーディオブック)に対して値段が高いと感じてしまう方も多いでしょう。

ですが、実際に使ってみると読書が苦手な方にとって読みやすく、時間効率も良いため、紙の本を読むよりもオーディオブックの方がコスパがよいといえます。

また、本と言っても楽しみ方は様々です。「本は紙で読むもの」といった既存の概念に縛られずに、目で楽しむ本、耳で楽しむ本という区別があるとよいかもしれませんね。

オーディオブックの購入方法

オーディオブックの購入方法には3種類あります。それは下記の3つになります。

・単品購入
・ポイント会員になる
・聴き放題プランを活用する

ここでは、それぞれの3つの手段での購入方法について説明します。

 

単品購入

単品購入では、通販サイトのように欲しいオーディオブックを1冊ずつ購入できます。相場としては大体1冊あたり2000〜4000円程度になり、本屋で買うよりも割高となってしまいます。オーディオブックを単品購入するときは、どうしてもオーディオブックで繰り返し聴きたいと思えるものをチョイスするとよいでしょう。

 

ポイント会員になる

オーディオブックの各種サービスでは、ポイント会員という制度があります。これは月額決められた料金を払うと月額以上のポイントが付与され、そのポイントを使ってオーディオブックを買うことができます。

 

聴き放題プランを活用する

himalaya、audible、audiobook.jpといったオーディオブックの有名サービスでは、聴き放題プランを展開しています。とくにhimalaya、audiobook.jpでは月額750円で配信されているオーディオブックを何冊でも聴けるのでお得です。話題の小説やビジネス書をコスパよく読みたいときは聴き放題プランがおすすめです。 

オーディオブックを安く買うコツ

オーディオブックは本屋で買う本よりも割高になってしまいます。では、どうすればオーディオブックを割安で聴けるようになるのでしょうか。

その方法は下記の2つです。

・Kindleで電子書籍を買って音声朗読させる
・聴き放題プランを活用する

特にKindleの音声朗読はあまり知られていない機能なので、積極的に活用するとよいでしょう。
 

Kindleで電子書籍を買って音声朗読させる

オーディオブックを安く聴く方法としてまず挙げられるのは、Kindleの音声朗読機能を使って購入した電子書籍を読み上げる方法です。この方法はシンプルで、電子書籍を購入し他あとKindleの音声朗読機能を立ち上げるだけでオーディオブック代わりになります。

さらにKindleで販売されている本は通常の書籍よりも安いです。そのため、オーディオブックを単品で購入するどころか、本屋で書籍を買うよりも安い値段でオーディオブックを楽しめるのです。なお、この機能はiPadだけでなく、iPhoneでも使えるので移動中にも利用できます。

とはいえ、1つだけ懸念点を伝えるのであれば、Kindleの音声朗読機能の音声は人工的な声になってしまうということです。

オーディオブックでは、プロのナレーターや声優が朗読するので聴きやすいのですが、Kindleの音声朗読機能では若干聴きづらいところも……。なめらかで聴きやすいナレーションで聴きたいのであれば、各種オーディオブックサービスを利用するとよいでしょう。

 

聴き放題プランを活用する

オーディオブックの聴き放題プランでは月額750円で月に何冊も作品を聴くことができます。

聴き放題プランには、このような方々におすすめです。

・仕事や家事で忙しく、なかなか本屋に行く習慣がない人
・コスパよく話題の本を読みたい人

聴き放題プランでは、新刊から話題の本、往年のベストセラーまで多くの本が揃っています。勉強や自己投資のためにビジネス書や自己啓発本を読みたくても、それらの本は結構お金がかかりますよね……。

とはいえ人生のバイブルとなる繰り返し読む本は少ないでしょう。ですが、オーディオブックの聴き放題プランでは多くの本が月額750円で聴き放題なので、コスパよく、かつ話題の本の内容を知りたい方にとってお得といえるでしょう。

  • 30日間無料キャペーン中
  • 別途料金は発生しません

無料 オーディオブックを探す

リンク先:https://www.kikihodai.com/

10,000以上のオーディオブックが聴き放題

【結論】オーディオブックは高いけど価値がある

オーディオブックは普通の書籍に比べて割高です。そのため、買うことをためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

ですが、豪華声優陣やナレーターを起用していたり、聴きやすいように編集があるなど、細部にわたって聴く側への配慮があります。読むペースが人それぞれ違ったり、向き不向きがある紙の本での読書と違ってオーディオブックは読書が苦手な方にも馴染みやすいです。

目で文字を追う読書と、耳で聴きながら楽しむオーディオブックの両方の魅力を堪能してみませんか?