心屋仁之助さんのポッドキャスト番組まとめ

心に響くパワーのある言葉をポッドキャストで聴いてみたい…と思ったことはありませんか?

そんな方におすすめするポッドキャストが、心屋仁之助さんのポッドキャストです。

心屋仁之助さんは、心理カウンセラーとして多くの人の心に残る言葉を残し、現在は歌手として活動の幅を広げられている方です。

この記事では、そんな心屋さんのポッドキャストを紹介します。

この記事の著者
シマラヤジャパン株式会社

himalaya Japan

シマラヤジャパン編集部


「himalaya」は、中国で6億以上のダウンロード数、月間1億2,000万以上のアクティブユーザー数を誇る巨大音声プラットフォーム『喜馬拉雅(シマラヤ)FM』の日本版サービスです。このWebサイトは、「himalaya」運営事務局が、音声コンテンツ文化の醸成を目的として運営しています。
運営者情報

心屋仁之助さんのポッドキャスト

元・人気心理カウンセラーとして知られる心屋仁之助さんですが、彼の著作や発言から感銘を受けて生き方を変える方も少なくありません。

心屋さんの一連の書籍では、「頑張らないこと」が一貫して主張されています。メディアで多様な生き方が紹介されるようになってから、頑張ることが当たり前とされていた価値観も変わりつつあります。パンデミックを通して価値観が変化した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プレッシャーに耐えながら自分を犠牲にする生き方よりも、自分がご機嫌で入れる生き方を。心屋さんのオーディオブックでは、自分自身を生き辛くさせている原因とその治し方について取り上げられています。ここではおすすめの心屋さんのオーディオブックを紹介します。

耳で楽しめる心屋仁之助さんの配信

心屋仁之助さんの書籍はオーディオブックとしても配信されています。「頑張ることをせず自分が好きなことをしながら生きる」というのが彼のスタンスです。そして、まさにカウンセラーだけでなく歌手としても活躍する心屋さん自身がそのような生き方を体現しています。

有限な時間だからこそ「好き」という感情を大切にして過ごしたい方、これまでの人生で何かと我慢が多かった方、新しい生き方を模索したい方におすすめしたい心屋さんのオーディオブックを4冊ピックアップしてみました。

なかでも著者がおすすめしたいのは、『「好きなこと」だけして生きていく。』です。

 

心屋仁之助 最初で最後の講演録~人生を大逆転させるには~

実際に心屋さんが行った講演の文字起こしを作品にしたものです。人よりも頑張ること、犠牲、我慢を強いられていた方に響く作品となることでしょう。

大人になるにつれて、周囲の目を気にして自分が嫌だと感じたことに対して声を上げることができなくなってしまいます。そして、それが当たり前のように感じてしまい、気づけば自分自身がストレスに苛まれることも……。酷い場合には精神的な病気にかかってしまいます。

自分の感情を抑え込んでストレスをため込む生き方よりも、自分自身の素直な気持ちに従う方が豊かな生活を送れると勇気づけられる作品です。

 

一生お金に困らない生き方

生きているとついて回ってくる悩みのひとつがお金です。いつもお金がない、能力の割に収入が低い、なかなかお金が貯まらない、浪費グセが辞められない、お金持ちを見ると嫌な気分になる……など悩みのタネは様々ですよね。

そのようなお金にまつわるネガティブなイメージを払拭してくれるのが、「一生お金に困らない生き方」です。このオーディオブックを聴くだけでもお金に対するイメージは変わるのではないでしょうか。日本人はお金に対して汚いイメージを持っている人が多いです。だからこそお金に関する話題に対してタブー視し、「持っていない方がマシ」と思い込んで自分を犠牲にしてまで働いてしまいます。そのストレスによって浪費をして、「お金がない」とまた身を粉にして働く……そんな負のスパイラルに陥る方も多いのではないでしょうか。

そのような状況を変えるには、お金に対する認識が大事だと心屋さんは述べています。お金は「すでにある」、そのようなものとして捉えることによって現実が変わっていくのだそう。お金のことを考えるのが苦手だったり、常にお金の悩みを抱えている方におすすめしたい作品です。

 

「好きなこと」だけして生きていく。

「好きなこと生きるのが理想だけれども、一部のアーティストやスポーツ選手のような人しかできない生き方なのでは?」と思っている方はたくさんいらっしゃるでしょう。そのような生活を夢見ながら毎日嫌な仕事に取り組んで、嫌な上司や取引先と関わり、頑張って仕事をする……。そして、そんな現実から目を背けるために理想の生活を夢見る……。このように好きなことをするために好きでもないことをして、頑張ることでいつか報われるかのように勘違いしている、頑張り教の信者になっていませんか?

たとえば、ダメ男と付き合ってしまう女性の多くは、自分が相手に尽くしてしまうことが原因だと言われています。このように自分を犠牲にしてまで頑張ってしまうことによって物事が良くなるどころか悪化してしまうことがあります。

そのようなことで悩んでいる人に向けて、心屋さんは「頑張ることをやめよう」とこの作品で述べています。そして、頑張ってしまう理由には、自分自身の価値を認められないからだと彼は主張します。力を抜いて他人を頼ってみる生き方へシフトすることによって、これまで得ることができなかった他人の優しさや愛を受け取れるようになるのだそうです。

勤勉で努力家な日本人の多くはこのような悩みにさいなまれている方は多いはずです。自分が好きだと思える生き方をするには、いい人をやめなくてはなりません。イエスマンをやめるには勇気が必要ですが、素直になるほど受ける恩恵は大きくなります。誰しも大人になるにつれて世間体に縛られてしまうなかで、素直になることや自分自身の欲求に忠実であることの大切さを説いています。多様な価値観が溢れることでかえって自分自身を見失いがちなこのご時世。閉塞感を取り除いてくれるであろう作品です。

 

がんばっても報われない本当の理由

この作品では、自分のことをすごいと思うことの大切さが繰り返し述べられています。そもそも、基準を求める教育が当たり前とされている日本では、学校生活においても社会人生活においても犠牲や我慢を強いられます。自己肯定感が低い人が育まれやすい環境にあるなか、生き辛さを抱えてしまう真面目な人はとても多いです。

タイトルにもあるように「がんばっても報われない」、そのような現実を変えるにはまずは自分のことを無条件に「すごい」と思うことが大切なのだそう。力を抜いて適当に物事をこなせる方には響きづらいかもしれませんが、人一倍責任感が強く背負いこむ癖が強く、昔から我慢することが多い方にとっては肩の荷が降りる作品でしょう。

心屋仁之助さんについて

心屋仁之助さんは元々会社員でしたが、家族や自分自身の問題と向き合う機会があり、それをきっかけとして心理カウンセラーに転身します。そして、「自分の性格を変えることで問題を解決する」「性格リフォームカウンセラー」として活動することに。数多くのメディアに出演し、一般人だけでなく芸能人の悩みを和らげました。また、心屋さんに惹かれてスクールも開講しました。現在、本人のカウンセリング活動は終了となりましたが、スクール生による活動は行われています。

プロフィール

心理カウンセラー(~2020年12月)。兵庫県生まれ。大手企業で働いていたものの、家族や自身の問題と向き合うことから心理カウンセラーを目指す。現在は歌手活動を行う。

関連サイト

2020年末をもって心理カウンセラーを卒業し、2021年2月より歌手へ転向。現在の心屋さんの活動はこちらのサイトでチェックできます。